両親の金婚式にピンクの胡蝶蘭を

両親の金婚式にピンクの胡蝶蘭を

3年前、私の両親が金婚式を迎えました。

 

普段両親の結婚記念日については、特にお祝いしていませんでしたが、今回はとてもおめでたいことなので、お食事会をすることになりました。

 

しかし、お食事会は結婚記念日より後になってしまったので、結婚記念日当日に私達夫婦からは胡蝶蘭を贈ることにしました。

 

地元のお花屋さんを3,4軒覗くと、15、000円位から20,000円で3本立ちの胡蝶蘭が売っていました。

 

私は白い花で、その中心が濃いピンクの胡蝶蘭が好きです。

 

でも、その時はどのお店にも無く、手に入らないか取り寄せ出来るか問い合わせるとのこと。

 

でも、それは結婚記念日2日前のことだったので、取り寄せていては間に合わないかもしれません。

 

そこで、1軒のお花屋さんにあったピンクの胡蝶蘭を贈ることに決めました。

 

老人2人で暮らしていますから、華やかなピンクの方も良いなと思ったからです。

 

お店の方でカードを用意してくれたので、それにお祝いの言葉を書き、ラッピングは金婚式なのでゴールドを基調にして貰いました。

 

 

 

当日、母からお礼の電話が来ました。

 

とても豪華だと驚くと共に大変喜んでくれました。

 

数か月して実家へ行くと、花が終わった後の胡蝶蘭がまだ枯れずにありました。

 

母がお花屋さんに聞いたりして、何とか翌年1輪でも花を咲かせたいと頑張っている所でした。

 

結局葉だけで花は咲きませんでしたが、大切にしてくれて嬉しかったです。